ごあいさつ

ご利用案内 Information

院長あいさつ

h2

 この度、横浜なみきリハビリテーション病院院長を拝命いたしました阿部でございます。ホームページにアクセスしてくださいまして、誠にありがとうございます。職員を代表して御礼申し上げます。

 私の使命は、香中前院長が造った無形の当院の文化(ものの感じ方・考え方)の継承・発展と考えております。そして、全職員が一丸となって日本一のリハビリ病院を目指したいと思っております。では、当院の文化とは、「患者さま、家族、医師、看護師、看護助手、セラピスト、ソーシャルワーカー、薬剤師、検査技師、放射線科、総務課、経理課、医事課、栄養士、給食、掃除の職員等すべての人々がそれぞれ相互依存的(interdependent)な関係にある」ということです。例えば、医師は、患者さまを治療するだけでなく、患者さまに勇気づけられ、看護師やセラピスト等に助けられ医療を行っております。看護助手は、トイレ介助や入浴介助等で患者さまから感謝され、その感謝・評価が仕事のやりがいになっていると思っております。それぞれがお互いを尊重し、信頼しあって医療を行っております。そして、相互のコミュニケーションを重視して、患者さまを含む病院というコミュニティの全員が、医療に関しては一丸となること(integration)が、また、その各々の人々が、その多様な価値観を認め合い共生することが、大切であると思っております。

 私は、“相互依存医療(interdependent medicine)”“お互いに信頼し、助け合う医療”をさらに深め、患者さまにより信頼して頂き、当院の文化を発展させるべく、一生懸命努力いたしますので何卒宜しくお願い申し上げます(当院の詳細は院長コラム“interdependent medicineの3本の矢”に記載されております)。

医療法人社団協友会
横浜なみきリハビリテーション病院
院長 神経内科 阿部 仁紀

ページトップへ