教育システム

教育理念

 看護部理念「その人らしさを大切に」に基づき、患者のニーズに応じた安全で確実な看護・介護サービスが提供できる人財の育成をめざし、看護部職員がそれぞれの分野における看護・介護の専門性を追求し、自ら看護・介護実践能力を開発できるための支援を行います。

教育方針

  • 1. 根拠に基づいた看護・介護実践能力を有する人財を育成します
  • 2. 対象とする人々の個人を尊重した看護・介護が提供できる人財を育成します
  • 3. 組織人としての自覚を持ち、各自の役割や責務を果たすことができる人財を育成します
  • 4. 看護・介護の質の向上と経済性の視点で常に問題意識をもち研究変革に取り組むことができる
      人財を育成します
  • 5. 自己のキャリア開発に主体的に取り組むことが出来る人財を育成します

看護実践における段階別到達目標(クリニカルラダー)

レベルI
基本的な看護手順に従い、必要に応じて助言を得て看護を実践する
レベルII
標準的な看護計画に基づき、自立して看護を実践する
レベルIII
ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する
レベルIV
幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する
レベルⅤ
より複雑な状況においてケアの受け手にとっての最適な手段を選択し、QOLを高めるための看護を実践する

教育担当者より

キャリアラダー概念図

ページの先頭へ