各部署紹介 スタッフコメント

回復期リハビリテーション病棟(2A病棟:48床・3A病棟:48床・4A病棟:48床)

 2A・3A・4A病棟は回復期リハビリテーション病棟(以下回リハ病棟)です。回リハ病棟とは、脳血管疾患、大腿骨頚部骨折等の整形疾患、廃用症候群、等で急性期治療を受けられ、在宅退院を目標にリハビリテーションを集中的に行う病棟です。
 担当医師・看護師・ケアワーカー・リハビリスタッフ・ソーシャルワーカー・薬剤師・栄養士等の多職種がチームとなり、個々の専門性を活かし協働しています。チームは患者様の身体管理、安心安全に入院生活を送りリハビリに集中できるよう環境調整を行います。また、身体機能の向上や残存機能を活かした動作獲得はもちろん、退院後の生活や患者様・ご家族様の希望をふまえた指導、社会資源活用の提案等、退院後の生活の調整などを行います。患者・家族を中心にチームが輪になり連携を深めることで、急性期病院から回リハ病院、そして家庭・地域への生活と、素晴らしい「橋渡し」ができるとてもやりがいのある病棟だと思っております。
 患者様・ご家族様から『この病院に入院して良かった』と思っていただけるよう、私たちと一緒に看護をしませんか?

回復期リハビリテーション
回復期リハビリテーション
回復期リハビリテーション回復期リハビリテーション

障害者病棟(2B病棟:44床)

 私の所属する障害者病棟とは、神経難病、主にパーキンソン病の方、脳卒中後の比較的症状の安定された方がリハビリテーションを目的に生活されている場所です。
 パーキンソン病の患者様の症状は様々です。日によって症状の出現が一定でないことも多いです。けれど、スタッフたちは動揺することなく症状を観察し、見極め、ゆったりとした姿勢で受け止め、不安の強い患者様に寄り添いながら信頼関係を築くことに勤めています。病気を抱えながらも、内服薬のコントロールを行いながら、それぞれのペースで社会生活が送れるよう、毎日が満足できる日々になるように、リハビリスタッフと連携をとり、看護を提供しています。
 脳卒中後の患者様に対しても、安楽に計画的なリハビリテーションが受けていただけるよう全身管理に努めています。その甲斐あって、少しずつ前向きな変化が患者様に現れるようになり、自然とナースの笑顔も多い空間になっています。
 働くスタッフは20代前半から40代と幅広く、今後も、期待と希望を抱いて当院を訪れる患者様に精一杯答えられるよう、スタッフ一同努めてまいります。

障害者病棟障害者病棟

医療療養病棟(3B病棟:36床)

 医療療養病棟は、在宅での生活及び介護が困難であり病状的にも医療管理下での生活が必要な患者様がご入院されています。長期になる場合がほとんどですので少しでも季節感などを感じて頂けるようベッド・車いすでホールへの移動や、お散歩などを行っております。患者様に「安全・安心・安楽な医療・看護・介護」の提供が出来るよう日々努力しております。

外来

 看護部外来では内科、脳神経内科(パーキンソン病専門外来)、リハビリテーション科からなる診療科で外来看護を提供しています。一般診療以外では、地域住民の健康意識の高さから多種多様な健診・人間ドックを実施しています。希望する方には胃カメラや大腸カメラも医師と相談し、提供しています。この様に外来通院や健診・人間ドックを受けていただくかたの健康意識に可能な限り答えられる様に看護を実践することが外来看護師の役割です。
 また、当院に一般診療で受診していただいている患者様が安心して地域医療機関や訪問看護ステーションなどと医療連携が出来る様に患者様・ご家族とのコミュニケーションを図りニーズに合った支援をしています。
 現在、当院は「チーム医療」を実践しております。チーム医療の一員である、外来看護師が「すべき事は何か」をスタッフと共に考える楽しさを実感し、見出していく事が出来る外来です。 外来看護を実践する中で大切なのは「責任性」「想像性」「一環性」「誠実性」「積極性」「協調性」と言われています。外来看護師一人ひとりがこれを常に意識し、互いに訓練し合うことによって、看護に対するモチベーションを高め合い、目標を持って外来看護を実践しています。
私たちは、当院の外来を利用していていただく患者様・ご家族様に満足していただける医療の提供・看護支援を行い、医療の質を高め提供し続けています。

外来
ページの先頭へ