回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟とは??

疾病は一般に、急性期・回復期・慢性期の順に経過をしていきます。病状の変化が著しい時期を急性期といい、ある程度、病状が落ちついた状態にあり、リハビリで回復が見込める時期を回復期と呼びます。

回復期リハビリテーション病棟 回復期リハビリテーション病棟

病気の種類や程度にもよりますが、発症から1〜2ヶ月後の状態をいいます。
回復期リハビリテーション病棟とは、急性期病床から直ちに社会復帰できず、リハビリテーションの継続が必要な患者様に対して、回復や日常生活能力の向上を図り、1日でも早く、社会や家庭への復帰を支援するために、集中的なリハビリテーションを提供する病棟です。

入院対象となる方

  • 脳血管障害、脊髄損傷(発症後2ヶ月以内)
  • 大腿骨頸部、骨盤・下肢などの骨折(骨折後、また手術後2ヶ月以内)
  • 外科手術、肺炎などの治療のための安静時により廃用症候群をきたした方(術後また発症後2ヶ月以内)
  • 医師の判断により、上記に準ずる状態の場合など

回復期リハビリテーション病棟では、従来の訓練室で機能回復訓練だけでなく、一人一人の患者様の退院後の生活、実際の生活場面を想定した、病棟での訓練を重視し、早期からの自立を促がしていくことを目標に、各専門スタッフがその方にあったプログラムを作り、関わっていきます。

回復期リハビリテーション病棟 回復期リハビリテーション病棟 回復期リハビリテーション病棟 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟 回復期リハビリテーション病棟

また、必要に応じて、スタッフが退院前に実際にご自宅に伺い、手すりの設置や段差の解消、安全、快適な日常生活を送れるよう、アドバイスをさせて頂いております。

ページトップへ