院長コラム
最前線ドクターならではの医療情報をお届けします

-Activities(活動性、いろいろな行為)②-

2015年12月8日
横浜なみきリハビリテーション病院 院長 神経内科
阿部 仁紀

しばらくブログを更新していなかった(ブログのactivityがなかった)ので、2015年の私の主な院外のactivityを記してみました。

Ⅰ. 総説

阿部仁紀:すくみに対する神経リハビリテーション. 神経内科 2015;83:218-222.

Ⅱ. 原著

阿部仁紀:パーキンソン病・脊髄小脳変性症・多系統萎縮症に対する神経リハビリテーション. かながわ難病相談・支援センター 医療講演会 講演録No.19. 2015. p1-9.

Ⅲ. その他・インタビュー記事

インタビュー, 阿部仁紀:パーキンソン病とリハビリ. 月刊ケアマネジメント 2015. 12. p16-19.

Ⅳ. 学会発表・抄録

1. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会(5月29日 新潟市, 口演)

阿部仁紀, 島村秀樹, 廣瀬裕介, 青島亮二, 藤木加菜, 後藤純平, 芳賀聡美, 古賀亜紀子:“P・O・ST combination therapy”がすくみや姿勢異常に有効であったParkinson病の1例, Jpn J Rehabil Med 2015;52:suppl S296.

2. 第33回日本神経治療学会総会(11月26日 名古屋市, 口演)

阿部仁紀, 北史子:“Synchronized therapy”が有効であった“咀嚼・舌のすくみ”を呈したParkinson症候群の1例. 神経治療 2015; 32(5):763.

Ⅴ. 研究会発表

1. 第12回横浜脳卒中地域連携懇話会セミナー

(2月20日 横浜市立大学医学部 ヘボンホール)

『“パーキンソン病のリハビリ理論”から考えるテーラーメイドリハビリテーション』

2. 第13回神奈川脳卒中広域シームレス医療研究会(12月19日 神奈川労働プラザ)(予定)

『当院におけるシームレス医療の取り組み』

Ⅵ. 市民健康講座・講演

第12回よこすか健康教室(10月31日 ヴェルクよこすか)
(脳卒中)回復期リハビリテーションとは

Ⅶ. その他・座長

1. 第3回パーキンソン病とリハビリテーション研究会(6月11日 崎陽軒)

2. 第3回パーキンソン病治療学術講演会(7月11日 横浜ベイホテル東急)

Ⅷ. その他・DVD出演

『いきる、神経内科医として。』

日本神経学会製作 神経内科紹介DVD

ちなみに、インタビュー記事は月刊ケアマネジメントの『おすすめ記事立ち読みコーナー』で、今月25日くらいまでは、読むことができます。御一読頂ければ幸いです。

ページトップへ