院長コラム
最前線ドクターならではの医療情報をお届けします

新年のご挨拶

2016年1月1日
横浜なみきリハビリテーション病院 院長 神経内科
阿部 仁紀

 新年明けましておめでとうございます。

 当院は人口372万人の横浜市の一番南の金沢区並木にあります。一万六千平方メートル、四千九百坪、と東京ドームのグラウンド面積の一万三千平方メートルよりひろい敷地面積を有しております。回復期リハビリテーション病床数は132床で、リハビリ病床数としては、横浜市で最も多い病床数です。その他、障害者病棟44床、医療療養病棟48床も他院にはない特色のあるリハビリを行っております。

 Structure follows strategy1).「“構造”は戦略に従う。」 ハードとしての構造は、2つのリハビリテーション室、9つの言語聴覚室のほか、小学校の跡地(校庭)を利用した芝生のリハビリガーデンや菜園など特色のあるリハビリ施設を有しております。さらに、医師、看護師、看護助手、セラピスト、ソーシャルワーカー、薬剤師、検査技師、放射線科、総務課、経理課、医事課、栄養士、給食、掃除の職員等409名の全職員が結束し、「日本一のリハビリ病院」を目指し、組織力(structure)・病院の質を高めようと思っております。

 二者間の対話では、ことばによって伝えられるメッセージは、全体の三五パーセントにすぎず、残りの六五パーセントは、話ぶり、動作、ジェスチャー、相手との間のとり方など、ことば以外の手段によって伝えられる2)。質を高めるためには、言語だけでなく非言語コミュニケーションを大切にしたいと思っております。

 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

文献

  1. Chandler A.D. Strategy and structure. Chapters in the History of the Industrial Enterprise. Cambridge, MA: M.I.T. Press; 1962.
  2. マージョリー・F・ヴァーガス. 非言語(ノンバーバル)コミュニケーション, 新潮社, p15.

ページトップへ